~介護の会社のこと、お伝えします~  佐々木ケアサービス公式ブログ

東京の下町で1957年に創業。在宅介護の会社です。 当社の新卒採用活動や、社内の様子などをお伝えしていきます!

カテゴリ: 営業所・店舗

今日は、千駄木営業所で行ったヘルパー研修のレポートです。

15767143306513


今回のテーマは「冬の感染症」と「目薬について」。
15名のヘルパーさんが集まりました。


この季節、毎年気をつけなくてはいけないのが、感染症。

自分自身が罹ったらツライのはもちろんですし、風邪やノロウィルスなどの感染症は、
特に高齢者にとっては命取りにもなりかねません。
たくさんの高齢者のご自宅を訪問する私たちは、媒介者とならないように、
細心の注意で予防しなくてはなりませんので、改めて学習しました。

利用者がノロウィルスで嘔吐してしまった場合、その処理方法なども
訪問介護では大切な知識になります。


目薬については、サービス内でヘルパーさんが利用者に点眼して差し上げることを想定しての内容ですが、
実際自分自身でさす場合も、意外と難しいですよね。

正しい知識を持って、サービスを行うのはもちろん、
訪問介護の知識って、自分自身の生活にも役に立つものが多いなぁと感じました。



久しぶりのブログ更新です。
いつまでも暖かかった秋ですが、急に寒くなってきましたね。

さて、先週のことになりますが、地元・足立区で10年前から行われている、
『介護従事者永年勤続褒章』の表彰式が、足立区役所の庁舎ホールで行われ、
弊社からも各部門から、5名の社員が表彰を受けました。

佐々木ケア3

写真は、近藤やよい区長との記念撮影。


15年、10年、5年とそれぞれの勤続年数で表彰されるのですが、
弊社からは、新卒入社5年目の訪問介護社員が代表で、檀上に上がりました。


表彰された方たちには、表彰状と区内で使用できる商品券が授与されます。


このように地域をあげて、介護の現場で活躍する人たちを応援してくれると、
日々頑張っている社員にとって、とても励みになりますね。



今年はすでにインフルエンザも流行し始めているということですが、
この冬も寒さに負けず、地域密着で活躍してまいります!!



だいぶ秋らしい陽気になってきました。

10月になっても半袖でちょうど良いような日も多かったので、
ようやく衣替え、という方も多いかもしれませんね。


衣替え・・・というわけではありませんが、竹ノ塚営業所の模様替えをしました。

IMG_20191023_150302

東伊興のこの地に引っ越してから、早10年!!
ロールカーテンも日焼けしてしまったので、キレイなグリーンの葉っぱ柄に模様替え。

そして、遠くからでもすぐわかるように、新たに看板も設置しました。



IMG_20191023_131540

遠くから見ると、こんな感じです。



一昨年、創業60年を機に作ったロゴマークが、看板に入るのは今回が初めてです。

社員の間ではだいぶ浸透してきたロゴマークですが、これを機に、
地域の皆さんにも親しんでいただければと思います!



佐々木ケアサービス(株) 在宅介護事業部 竹ノ塚営業所
東京都足立区東伊興3-17-1
東武スカイツリーライン「竹ノ塚」駅下車徒歩10分









先週の足立本社に続き、今週は葛飾営業所でヘルパー研修を行いました。

201909葛飾2


最初のテーマは、個人情報保護法・プライバシー保護について。

先日足立本社で弁護士さんを招いた研修を行ったことは、ブログでもお伝えしましたが、
受講したサービス提供責任者が、ヘルパーさんたちに伝達講習を行いました。


続いて、接遇・倫理及び法令遵守について。 個人情報とも通じるテーマです。


在宅介護では、個人の生活に密接に関わる分、デリケートな対応が求められます。
ヘルパーさん、社員、ひとりひとりが正しく認識し、行動するために、
何度でも行うべきテーマですね。


そして、交通ルールの再確認。
自転車移動の多いヘルパーさんには本当に身近で大切なテーマです。



このように、弊社ではヘルパーさん全員に研修の機会を設け、
年間6時間は受講していただくことを義務付けています。
時代と共にちょっとずつ変わるこのようなテーマも、本当に大切な知識になりますね。




葛飾区のコミュニティFMラジオ局「かつしかエフエム」で放送中の
【なかまで介護】という番組に、まごの手本店の赤荻店長がゲスト出演しました。

46305412_1101193353382436_324223752575385600_n
 (かつしかエフエムのFacebookより。左が赤荻店長。)



介護保険を利用して、いろいろな福祉用具がレンタルや購入できることや、
手すりなどが取り付けられることについて、お話ししました。



一緒に登場した葛飾区介護サービス事業者協働組合の勅使河原氏は、
葛飾区内の介護サービス事業所を検索できるポータルサイト「かつしかほうかつケアネット」を紹介。


46350404_1101193313382440_4768277970534006784_n
 (かつしかエフエムのFacebookより)



スマホでも簡単に検索できることを、番組内で実際にやってみていました。

 

地域の方たちに介護の情報を発信している番組ですが、パソコンやスマホでも聞くことができます。

【なかまで介護】は、毎月第1~3木曜の10:00~10:54に放送中です。
チェックしてみてください。

ssbnr_05







昨日は、まごの手板橋店に 珍しいお客さまが来ました。

オランダから交換留学生として来日している学生さんと、
日本から交換留学に行った青井さん、首都大学東京の井上准教授という顔ぶれです。

DSC_2531



海外経験豊富な弊社のOTが通訳を務め、日本の福祉用具の現状とICT技術の普及等についてのインタビューに、板橋店店長がお答えしました。


特に、認知症の方への有効な福祉用具、ロボット等の普及率について、
また、メンテナンスの有無や注文を受けた時の納品などについて・・・


パトリシアさんとキャロラインさんは、モリトーのつるべーという製品に、とても感動しておられました。


DSC_2534


最後にみんなで記念撮影。


2時間ほどのインタビューでしたが、あっという間に感じるほど、とても有意義な時間となりました。







学園祭シーズン真っ盛りですね!

27(土)~28(日)、地元・北千住の帝京科学大学の「桜科祭」にて、
『医療福祉学科 with 足立区介護サービス事業者連絡協議会』

福祉用具の展示や使用体験、介護福祉の専門家による相談コーナー、
障害福祉施設利用者の作品展示などが行われました。

IMG_20181028_141700

IMG_20181028_150001



もちろん弊社も、足立区介護サービス事業者連絡協議会に参画していますので、
スタッフがお手伝いしてきました。



福祉用具や介護ロボットなどは、もっともっと身近な存在であるべきと思いますが、
一般の方たちは、なかなか触れる機会が少なく、特殊なモノ、値段の高いモノ、
という認識ばかりが先行しているように思います。


ですので、学生さんや地域の子供たちに、このように親しんでいただける機会は、
本当に貴重だと思います。


生活を支えて、楽しく自由に暮らすための道具。
特殊なモノという先入観を捨てて、もっと気軽に使ってもらいたい!と思います。




ちょうど本日、高円宮家の絢子さまがご結婚されました。
大学で福祉分野を学ばれていた絢子さまが、婚約内定の会見で言われたのが、

『福祉』という言葉には、幸せや豊かさという意味があり、
福祉は自分が関わる人の幸せのために動くことであると、私は考えております。


とのお言葉。


自分の身近にあるもの、という考え方にとても共感します。




福祉を学んでいる皆さん、そして福祉・介護に携わる私たちが、
多くの人にもっと身近に感じてもらえるように、努めていかなくてはならない、と感じます。









ちょうど1週間前の17日(水)に、板橋区立グリーンホール1階にて、
「いたばし福祉用具フェア2018」が開催されました。


DSC_2395 福祉用具フェア
 介護ロボットを展示した弊社のコーナー


板橋区内のおとしより相談センターや福祉用具の事業所などが協力して、
毎年開催されているイベントで、一般の来場者もいろいろな福祉用具を
体験することができます。


弊社の福祉用具部門「まごの手板橋店」のコーナーでは、介護用ロボットを中心に
展示を行いました。


認知症セラピーでの実績や海外での受賞が多数ある、アザラシ型ロボットのパロは、
今回も来場者にとても人気でした。
(「世界一セラピー効果があるロボット」としてギネスブックにも登録されています!)




DSC_2393 福祉用具フェア
 井上先生の公開講座でも、認知症セラピーロボットのパロについて紹介されました。


また2階ホールでは、公開講座も開催され、午前中は、弊社で研修を行って
いただいたこともある、首都大学東京の井上薫准教授が
「認知症の方の視点を大切にしたケアと環境づくり」というテーマで登壇されました。



当日は天気が良くて、去年よりも来場者が増えたそうです!

このようなイベントに、地域の皆さんにもっと気軽に来場していただき、
介護ロボットや福祉用具を、身近に感じてもらえるように活動していきたいと思っています。



先週末、根津神社にて毎年恒例の「根津・千駄木 下町まつり」が開催されました。


yanesen3


谷根千は、最近、外国人観光客にもとても人気のエリアですが、
弊社には千駄木営業所があり、陰ながらこの盛大なお祭りにも参加しているんです。


「地域包括支援センター」が毎年ブースを出していて、そちらにプレゼント品の提供など、
協力させていただいております。

yanesen4


地域包括支援センターならでは、「認知症予防のミニテスト」は、
大人の来場者にとても好評のようです。
そして子供たちには、弊社からのお菓子袋詰め合わせを配りました。


当日は天気もよく、包括の方も「大盛況です!」と話されていました。






↑このページのトップヘ